スポンサードリンク

07/03/26

ちゅら海水族館概要


ちゅら海水族館のレイアウトは工夫が凝らされており、水槽を見ながら順路に沿って階段を下りていくのに合わせて水槽も浅瀬から徐々に深い海の生き物に変わっていきます。このページでは、テーマ別の概要を紹介します。
1.イノーの生き物たち
 イノー(珊瑚礁に囲まれた浅瀬を表す沖縄の方言)の生き物を触ることができます。
2.サンゴの海
 約800体の造礁サンゴは壮観。
3.熱帯魚の海
 強烈な光の差し込む浅い岩場から美しい砂地、そして薄暗い洞窟まで沖縄周辺に広がるさんご礁を忠実に再現。カラフルで個性的な熱帯魚が見れます。
4.サンゴの海
 サンゴ礁の成り立ちからさんご礁に住む生き物までを分かりやすく解説。約30の水槽でサンゴ礁に生息する様々な生き物を紹介。
5.海辺の生き物
 沖縄の淡水域に生息する生き物が勢ぞろい。
6.黒潮の海
 世界最大級の水槽の中に、ここでしか見ることのできないジンベイザメとマンタ(イトマキエイ)が!
7.サメ博士の部屋
 豊富な資料と実物でサメ類の本当の姿を紹介。
8.深海の海
 水深200m以深の深海の世界を再現。

ラベル:

07/03/25

オキちゃん劇場


海洋博公園(ちゅら海水族館)の中にある『オキちゃん劇場』は、イルカショーが行われています。こちらも『マナティー館』と同じく無料で鑑賞できます。
イルカショーは、一日4回。開催時間を先にチェックしておいて時間を合わせて見に行きましょう!イルカの躍動感あふれる泳ぎやジャンプを見ると元気になります!
司会のおねーさんとの呼吸もぴったりで大人も子供もおもしろおかしく楽しめます。行ったら是非見に行って下さい。

ラベル:

マナティー2


引き続き、マナティーについて。
マナティーは哺乳類で、草食。ちゅら海水族館では、写真にあるようにニンジンや白菜、キャベツなどを食べて育っています。
マナティーの寿命は30年以上。一度見てみると分かりますが動きがゆっくりでマナティーの周りの時間が止まっているのではないかと思うくらい。
たまたまマナティーの水槽の中で、ちゅら海水族館のスタッフの方が床清掃をしていたのですが、好奇心旺盛なマナティーはスタッフにす~っと近づいてくっつこうとしたりと人なつこい一面も見ることができました。

ラベル: